水素で体が元気になる理由

12.03


水素で元気になるのか?

水素で体が元気になるのは医学的に根拠があるのか、疑問に思うと思います。このページでは水素で元気になる理由を記載したいと思います。

「摂取した水素が、ミトコンドリアのNAI+と共役して、ATP産生を促進させ、その結果クエン酸回路が活性化されて、栄養素である糖・脂肪酸の取り込みます。それにより燃焼が増加し、糖からの中性脂肪合成が抑制・中性脂肪の分解過程が促進され、内臓脂肪の燃焼を効率化する」

という臨床結果が出され、そのことから、水素を摂取することで、ミトコンドリアの働きが活性化するため、脂肪の燃焼効率が高まり、ダイエットやメタボリック症候群対策に有効であることが、2007年の日本内科学会で発表されました。

dna_attack

 

細胞内に”生きるためのエネルギー”を生み出している「ミトコンドリア」が人間の細胞1つにつき100~3000ほど存在しているそうです。しかしエネルギーを作る時に、同時に悪玉活性酸素が生まれてしまうこともあり、これが細胞の遺伝子やミトコンドリアをサビつかせ「エネルギーを作る能力」を低下させてしまうということです。

つまり、水素を体に取り入れることで、ミトコンドリアが活性化し体が元気になるのです。

先の論文で紹介するのは、食欲が抑えられなくて、肥満になってしまうマウスを使った結果です。食欲が抑えられなくて肥満になってしまうので、人間に近い肥満糖尿病マウスです。このマウスに水素水を飲ませると、同じだけ食べ過ぎているにもかかわらず、体脂肪が増えすぎません。

その他、脂肪肝もならず、血糖値も高くならず、血液の中性脂肪も高くなりません。同じだけ食べても太らない理由を調べると、エネルギー代謝が上昇していました。つまり、同じ運動しているにもかかわらず、酸素の吸収量と二酸化炭素の排出量が多くなっていました。さらに、その原因を調べると、水素水を飲むと肝臓から放出されるホルモンFGF21が増えることがわかりました。

FGF21は、脂肪燃焼をはじめとするエネルギー代謝を活発にするホルモンです。つまり、水素を摂取すると肝臓ホルモンFGF21が放出され、脂肪燃焼効果が上昇するので、体脂肪が増えず、脂肪肝にもならず、中性脂肪も増えすぎず、血糖値もあがらなかったのです。予備的研究ですが、水素はもちろん(マウスと同じように)、人間にも効果があります。

水素の期待できる効果。

水素で疲労回復

酸化すると人の体も錆び、細胞や細胞内の核・DNAを傷つけ様々な病気や疲労の原因となります。
水素は最小分子でありながら、最大の効果を発揮します。

水素で美容効果(ターン・オーバー)】

シワ、タルミ、くすみ、毛穴、そばかす、くま、キメ等、肌に悪影響を及ぼす原因となるのが活性酸素です。ターン・オーバーを乱している活性酸素の除去こそが現代最大の美容効果となっています!

水素で新陳代謝促進

水素分子(H2)は肝臓ホルモンFGF21を誘発してエネルギー代謝を促進し、肥満や糖尿病を改善します。

水素でアレルギー対対策

抗酸化作用・抗炎症作用が働く水素は、アレルギーを抑制し、症状を軽減させます。

水素のその他の臨床

血栓・動脈硬化・脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞・ぜんぞく・関節リウマチ・アトピー性皮膚炎・認知症・
痴呆症・うつ・神経疾患・筋疾患・呼吸器疾患・白内障・歯周病・小児疾患・ストレス・便秘・睡眠障害・メタボリック症候群
※上記症状は、医師の臨床結果に基づいた症例であり、特定の商品の効果効能ではありません。

水素はこんな方におすすめです!

  • 不眠・冷え性で悩んでいる方
  • シミやくすみといったお肌で悩んでいる方
  • 便秘気味の方
  • 疲れ・ストレスを抱えている方
  • 2日酔い・食欲不振
  • 生活習慣病が気になる方
  • アレルギーで悩んでいる方
  • 健康な体を維持したい方
suiso_health

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

過去の記事

カテゴリー

水素吸入器専用サイト

PPL616_BANNER

メンバーログイン

ログインしていません。

水素で売り上げアップ

ppl_up
ページ上部へ戻る