水素市場規模200億円超えの魅力!

12.07


ますます拡大基調の水素マーケット

2016年は健康分野での水素吸引が本格的にサービス展開が始まるだろうとされています。

健康産業全体の中のシェア拡大の見込みはかなり期待できます。水素を身体に取り入れ健康維持回復の一助とする”効用”は広く一般に知られています。これまでは主に水素水のマーケット拡大、水素関連商材がたくさん出始めました!今、最も注目されているのが水素吸引で様々なメーカーが参入し始めました!

【水素】市場規模、200億円の大台に到達!
水素商材の市場がいよいよ200億円の大台を突破―― 今回本紙では、主要メーカー100社への取材およびアンケートで、各社の業況を調査(回答35社)。調査を元に、2013年度の各社の水素商材の売上高を合算した結果、約180億円(前年比109%)となり、市場全体では200億円の大台に到達したと予想される。

TV番組や雑誌など、水素の効果や関連商材がメディアに取り上げられる機会が増えたことで新規ユーザーの獲得に成功、裾野が広がった。小売店舗を中心に販路も飛躍的に拡大し、水素が人目に触れる環境が整いつつある。さらに海外進出も活発化している。一方で、市場は玉石混交の様相。主導権争いも熱を帯びてきている。こうした中、市場の健全な発展に向けて新たな業界団体も発足。水素商材市場は次なるステップに進み始めた。健康博覧会より抜粋

 

200億円市場への3大要因

健康産業新聞 第1521号 2014年3月12日
本紙では昨秋、水素商材の取扱メーカー約100社を対象に、取材およびアンケート調査を実施。回答のあった35社の2013年度の売上高を合算した結果、180億円(前年比109%)となり、市場全体では200億円に到達したことを報じた(1506号)。

①一般流通への販路拡大
②新規ユーザーの開拓の成功
③有力企業の市場参入  とされています。
 
2015年の健康博覧会では「240億円市場に飛躍の水素商材専門紙記者が2015年の市場を展望」という有料セミナーが開催されていました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

過去の記事

カテゴリー

水素吸入器専用サイト

PPL616_BANNER

メンバーログイン

ログインしていません。

水素で売り上げアップ

ppl_up
ページ上部へ戻る